貴重品の管理は家族全員で!!

 皆さま、こんばんわ。
昇運@Get_RisingLuckです。

平日勤務の残業ぐらしを終えて、金曜日の夜を過ごしています。

9月7日(木)は貴重品に関するトラブルがあったので、無事に迎える事ができて本当に良かった!

今回は キャッシュカードが所在不明になった時の混乱 を記しておきます。


◎帰宅した時点で手遅れだった

私は実家ぐらしで、両親と生活しています。

9月7日(木)の朝、出勤する前に 「9月8日(金)の夜、銀行巡りに行く」 と打ち合わせをしてから出社しました。

以前から母が銀行に行っていましたが 「内容が分からなくなってしまう」 という事で、一人で行かせないようにしたのです。

ところが、当日の残業を済ませて帰宅すると様子がおかしい。

銀行で通帳記入をしてきたが、キャッシュカードがない! 


と、母が混乱していました。

なるほど、一人で行ったのね...

◎銀行と警察に連絡しよう

不幸中の幸いで、手元には銀行通帳がありました。
引き出した現金はないため、所在不明なのはキャッシュカードのみ。

銀行の紛失関連窓口に電話連絡して、キャッシュカードの紛失扱いで届け出をします。


これで銀行口座の支払い停止措置がとられるため、金銭的な損失は予防できました!

続いて、警察(地元)にも電話で連絡しておきます。


紛失したと思われる物品、当時の状況などを伝えて、正式に遺失物として届け出しました。

◎手元に控えておきたい情報

実際にトラブルが発生して、届け出をするときに必要な情報が分かりました。

  • 銀行の口座番号
  • 非常時の電話連絡先 → カード紛失センターなど
  • 地元警察の電話番号

銀行の通帳とキャッシュカードは、同時に紛失する可能性が高い。
自宅に銀行名と口座番号を記録しておきましょう。

今はスマートフォンがあるので、非常時の連絡先を検索することができます。

高齢者のみの世帯では、それは困難かと思いました。
紛失時の連絡先は記録しておきましょう。

地元警察には、気軽に相談・問い合わせするべきです。
市役所も同様ですが、遺失物は管轄が違うので除外。

緊急でないご用件は #9110 が基本です。
直接、地元警察に電話しても応対してもらえます。

◎発見された場合は解除の手続き

必要な手続きは完了しましたが、不安な一夜が過ぎました。

9月8日(金)の朝、私は通常通り出勤。

午前11時前に着信を確認したところ 「自宅で発見しました」 との連絡があって一安心。

その後、両親は停止した手続きを解除するため銀行巡りに出発。

ここが意外に面倒で、銀行の店舗窓口に行く必要があります!


  1. 発見した物品
  2. 書類に記入
  3. お届け印
  4. 本人確認書類(顔写真付き)

事前準備しておかないと、自宅に戻る事になるのでお気をつけて。

再開手続き完了の知らせは13時過ぎでした。
土日を挟まなくて、本当によかった...

◎だれもが同様の経験をする

両親も高齢者とされる年齢になりました。
こういったトラブルは増えていくでしょう。

今後は、ひとりで銀行に行かない生活に切り替えます。

いずれは、自分自身が対象になる出来事だと実感しました。


貴重品や金銭の紛失は、だれにでも発生する出来事です。

トラブルを拡大させないよう、準備しておきましょう。

このブログを検索

ブログアーカイブ

Twitter・タイムライン